Blog&column
ブログ・コラム

離婚協議書の作成は、弁護士と行政書士のどっちに依頼する?

query_builder 2022/01/09
コラム
3
離婚問題は、弁護士と行政書士のどちらに相談するのが良いのでしょうか?
そこで今回は、離婚協議書について弁護士と行政書士のどちらに相談すれば良いのか、解説していきます。

▼離婚問題は、弁護士と行政書士のどちらに相談しても良い
離婚問題は、基本的に弁護士と行政書士のどちらに相談してもOKです。
ただし弁護士と行政書士では、多少の違いがあります。
例えば離婚協議書の作成費用は、行政書士のほうが安めの傾向があります。

行政書士は親権争いなどの紛争には関与しないので、費用を抑えられるのです。
ただし裁判所への介入が必要になった場合は、行政書士ではなく弁護士に依頼しなくてはなりません。
「争いがある場合は弁護士、ない場合は行政書士」という風に使い分けるのが良いでしょう。

▼配偶者に離婚の意志をまだ伝えていない場合は?
配偶者に離婚の意志をまだ伝えていない場合は弁護士と行政書士、どちらでも相談可能です。
弁護士や行政書士に相談すると養育費や慰謝料、財産分与などのアドバイスを受けられます。
もちろん書類作成を行なってもらうことも可能です。

▼まとめ
夫婦の意見が噛み合わず裁判に発展しそうな場合は弁護士に、それ以外の場合は行政書士に依頼すると、必要以上に相談費用や書類作成費用が高くならずに済むでしょう。
札幌市にある行政書士伊藤昭弘事務所では、離婚に関する相談も承っております。
「離婚を考えているので専門家にアドバイスをもらいたい」という場合は、ぜひお気軽にご連絡ください。

NEW

  • 札幌市の行政書士で、建設キャリアアップシステム事業者登録、作業員登録のご相談を受けたまわっており...

    query_builder 2022/01/08
  • 公証役場の手数料はどれくらい?

    query_builder 2022/07/15
  • 公正証書の効力についてご紹介

    query_builder 2022/07/01
  • 公正証書の作り方をご紹介

    query_builder 2022/06/22

CATEGORY

ARCHIVE