Blog&column
ブログ・コラム

内容証明は行政書士にお願いするべき。メリットを紹介

query_builder 2022/05/08
コラム
26
内容証明は文書の内容を誰から誰に差し出したかを証明する、郵便サービスです。
文書のやり取りを法的に証明することが可能です。
内容証明は行政書士にお願いしたほうがいいといいますが、どんなメリットがあるのでしょうか。詳しくご紹介します。

▼内容証明を行政書士にお願いするメリット
■適切な文書の作成ができる
行政書士は、法律上の問題についてのプロです。
契約書や権利義務についての書類作成を専門としているので、法的に問題のない文書の作成が可能です。

■プレッシャーを与えられる
自分で内容証明書を出すと、場合によっては相手が信じてくれない可能性もあります。
しかし、専門家である行政書士の名前と職印があれば、相手にプレッシャーを与えることができます。
そのため、トラブルを円滑に解決できるようになります。

■裁判に繋がらない問題解決ができる
行政書士はトラブル予防が専門なので、裁判や示談金交渉などはできません。
可能な限り、裁判などにならないようスムーズに問題解決できるよう書類の作成をおこないます。

■コストパフォーマンスがいい
弁護士に裁判や示談金交渉を依頼すると、どうしても費用が高くなってしまいます。
弁護士の名前が入った内容証明を作成すると約5万円かかり、示談金の交渉はおよそ10?30万円はかかってしまいます。
行政書士は弁護士よりもコストをかけずに、問題解決が可能なのでコストパフォーマンスがいいといえます。

▼まとめ
内容証明を行政書士にお願いするメリットは、適切な文書の作成ができる・プレッシャーを与えられる・裁判に繋がらない問題解決ができる・コストパフォーマンスがいいなどが挙げられます。
内容証明を作成するときは、ぜひ行政書士にお願いしてみてはいかがでしょうか。
札幌にある「行政書士伊藤昭弘事務所」では、内容証明の作成をおこなっているので、ぜひお気軽にご相談くださいね。

NEW

  • 札幌市の行政書士で、建設キャリアアップシステム事業者登録、作業員登録のご相談を受けたまわっており...

    query_builder 2022/01/08
  • 行政書士と司法書士の違いとは?詳しくご紹介

    query_builder 2022/05/22
  • 行政書士に相談できることとは?

    query_builder 2022/05/15
  • 内容証明は行政書士にお願いするべき。メリットを紹介

    query_builder 2022/05/08
  • 在留資格と就労ビザの違いとは?在留資格の種類もご紹介

    query_builder 2022/05/01

CATEGORY

ARCHIVE